LCCエアアジアXに乗ってコロナ後、初の海外旅行でタイに入国しました。そこで感じたこと

旅行

こんにちは、YASUです。
久しぶりの海外旅行です。行く先はタイです。

ようやく海外に気軽に行けるようになりましたね。

今回はLCC Air Asia Xで行きました。その時感じたことを書きます。

スポンサーリンク

久しぶりの成田空港

今日は9月22日シルバーウィークな事もあるせいか?成田空港第二ターミナルはそれなりに人はいます。

昔の3割程度でしょうか。所々チェックインに並ぶ人がいる感じです。あくまでも個人的感想です。

それでも東京駅6時出発の成田空港行きバスは満員で乗り切れない人がいるほど盛況でした。

7割程度のひとが成田空港第三ターミナルで降りていきました。

現在はさらに人が増えている事でしょうね。

バスで成田に向かう方は時間に余裕をもっていきましょうね。

エアアジアのチェックイン

コロナ後の搭乗手続きは変わったのか?
最近は非対面での搭乗手続きも増えましたよね。

今回のエアアジアXは、コロナ前と同じく対面でのチェックインが必要です。
Webチェックインを実施していてもカウンターで搭乗券と荷物の計量があります。

やはり、厳しく計量されます。100グラムでも超えると容赦なく超過料金を請求されます。
事前に計量してからのチェックインが望ましいです。

成田空港第二ターミナルには無料の計量できる場所があります。

計量場所

場所はPカウンターのあたりになります。入口側の壁沿いにあります。

大きい量りがあります。

パッキングエリアの隣に大きな量りがあります。

こちらで計量してからチェックインが便利です。

[アメリカンツーリスター] スーツケース キャリーケース アップライト スピナー 55/20 エキスパンダブル TSA 機内持ち込み可 保証付 38L 2kg ブラック/グリーン2

新品価格
¥19,800から
(2022/11/3 14:20時点)

軽量スーツケース

LCCを使う方の必需品。旅行には携帯したいデジタルスケール。

MYCARBON 荷物 旅行はかり LCC用 デジタル はかり 計量 器 携帯式デジタル スケール ステンレス仕上げ 最大50kgまで量れる 吊り下げ式ラゲッジチェッカー 旅行 アウトドア ホームに最適の秤 便利 軽量 風袋引き機能付 (シルバー)

新品価格
¥1,399から
(2022/11/3 14:01時点)

Amazonで買える旅行スケール

チェックインの行列

成田空港のチェックインはNカウンターになります。結構ビックリな場所にあります。

南入口1の脇に隠れるようにあります。急いでいると見落とします。

Webチェックインを済ませておくと5分程度の待ち時間で済みました。

チェックインレーンは2列あります

Webチェックインをしていない場合は、かなり長い行列に並ぶことになります。

チェックイン開始直後は特に混雑します。30分以上は覚悟した方が良さそう。

空いている時はこんな感じです。

Webチェックインしている人、専用レーンはかなり奥まった位置にあるります。

行列が扉の外まで伸びているときは、並んでる人の脇から扉を入り左に曲がるとレーンの入り口があります。
そこまで並ばずに進みましょう。

チェックインで用意したもの

必要なものパスポート、ワクチン接種証明書、飛行機の予約番号だけです。

ワクチン接種証明書以外は、昔と一緒になりました。

現在は陰性証明の提示がなくなり、その代わりにワクチン接種証明書の提出をします。

現在のタイ入国はワクチン接種証明もいらない。帰国時に日本入国には必要です。ワクチン接種証明は忘れずにとっておきましょう。

スマホアプリでも紙の接種証明書どちらでも問題ありませんでした。

私はスマホの電池切れやスマホ紛失に備えて紙の接種証明書も用意しました。

海外では何があるわからないので紙の証明書は安心できます。

いよいよ出国へ

出国審査や保安検査も並んではいますが、それほど時間はかからなかった。

とてもあっさりと出国できました。あまりのあっさりに拍子抜けします。

ボーディングブリッジまで10分

保安検査つうかしてからボーディングブリッジまで10分は歩きます

ゲートナンバーは97番です。LCCゲートは奥まった場所の事が多いです。

途中に沢山のお土産屋さんもあります。時間があればたまに見てみるのも楽しいです。
外国人が好んで買うようなパッケージデザインが斬新です。

途中、飲み物を買うところがないかキョロキョロしながら歩きましたが、結局97番のゲートまでありませんでした。ゲート前にショップがありますが、ここが商品を買うのに行列になっています。

凄い行列なので飲み物だけを買いたい人はショップの向かい側に自動販売機があります。

そちらで購入されるのが便利です。

エアアジアは遅延

いよいよボーディングですが、お約束の遅延です。

エアアジアバンコク行きの便はほぼ毎日遅延している。

過去の運航状況でも定刻で飛ぶことは少ない。

定刻は09:15ですが、搭乗開始が09:15でした。遅延としては大した時間ではないので良かったです。

私は安心の為に前日の運航状況の確認をおすすめします。
過去の運行状況は確認することで遅延に対するイライラ度は全く違います。

空港で待たされるのは苦痛ですからね。少しでも状況が分かれば気持ちも楽になります。

エアアジアに搭乗する。

ではお待たせしました。搭乗です。いや久しぶりに見る赤い機体にAirAsiaのロゴ。

海外に行く実感が湧きます。機内は相変わらず座席が狭いですが。昔より少しだけ広くなった?

私としては何度も乗っているので特には気にならないですが、初めての人には狭い座席だと思います。

タイまで7時間の辛抱です。コロナ前のエアアジアは夜便が多かったので昼間の移動は初めてです。
それもタイの到着はスワンナプーム空港です。

コロナ前のドンムアン空港到着とは便利度が全く違いますのでうれしい。がしかし、スワンナプーム空港は入国審査の待ち時間が長いのでどうなることやら。

機内販売


機内販売も再開されているんですね。普通にワゴン来ました。

バンコクに到着。

スワンナプーム空港の奥まった場所のボーディングブリッジに到着。

機内から出て数十メートルでワクチン証明チェックをされます。

ワクチン証明書を確認すると次に行ってって感じのジェスチャーでした。なんだろう?

みたいな感じになりましたが、さらに進むとワクチン証明書を確認する正式なブースに到着。

そちらでしっかりチェックを受けて次に入国審査にむかいます。

スワンナプーム空港は広い。15分歩いてようやく入国審査へ。
並び始めて10分程度で通過できました。

タイ入国の際にあった入国カードの記入が廃止されていました。これも時短の要因です。

飛行機を降りてから入国審査通過までに45分ほどで通過できました。

久しぶりのタイに入国することが出来ました。うれしい。

最近は入国審査にも時間がかかっているようです。

こんな驚く投稿を見つけてしまった。規制が緩和されたことで状況が刻々と変わっていきますね。

まとめ

タイ旅行の航空券料金は本当に高くなってしまいました。コロナ前は2万円台で往復できたのに。

あの頃がなつかしいですね。今回もLCCエアアジアを使ってなるべく快適に安く行く為の情報をお伝えしたつもりです。

ちょっとしたコツでさらに安く快適に行きましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました